Memories of the sea vol.3 私の海に潮騒はない

2018-7-26
海と日本PROJECT in 沖縄県 ~海DO宝~

 『一枚の海』

 

名城ビーチ。

幼少期を本島南部の糸満で過ごした。

海水浴に行くのは、名城ビーチだった。

入場券売場のおじさんは、灼けた顔にサングラスと麦わら帽子。

首には白いタオルを巻いている。

子供の私にはちょっと怖かったけれど、そこを通過すれば海が待っている。

砂の多い名城ビーチ。

コンクリートで作られた海水プールに、小さなメリーゴーラウンドもどき。

母が着ていた青と茶色の膝丈のワンピースを、写真のように覚えている。

 

 

国道58号線沿いの海。

黒く光る鉱物のような海を見たことがあるだろうか?

よく晴れた夜。

微風に凪いだ海には、月光の道がまっすぐに伸びる。

その路面は、宝石のカットのように冷たく硬い。

国道58号線の夜のドライブ。

車の窓から見上げる月は、どこまでも追いかけてくるし追いつけない。

砂辺海岸に車を停め、堤防に座って何時間もお喋りをした。

それぞれ好きなものを買い込んで、海に一番近いところで時間を過ごす。

バーやクラブで遊ばない日は、海でお喋りだ。

夜の空と海は、互いに漆黒に混ざり合っている。

人口の光の反射と月の道が通ったところだけが輪郭を示す。

海は鉱物のような質感と冷たさで静止している。

一緒にいる友達と目の前の海について話した記憶はない。

声にしなくとも私達はその美しさを共有していたはず。

国道、車、コンビニでの買物、カーステレオ、ドライブ用に編集されたMD、

好きな人、好きな友達、月、海、それらはセットになっていた。

海は主役ではないけれど、海じゃなければ出来なかった話は沢山あったし、

寝転んで見る夜空についての会話の方が多かった気がするけれど、それだって海にいたことが大事で、

海じゃなければ夜空を見上げることもなかったかもしれない。

 

 

読谷の都屋。

優雅な手毬のようなアダンの実が、いくつも生っている。

帰省すると子供達を必ず連れて行く、名前も無い小さなビーチ。

夕焼けが綺麗で、白い砂浜は足跡をつけるのがもったいないほど清らかだ。

子供達は何時間でも海の中で遊んでいられる。

私はそれを、一枚の絵として思い出す。

白い砂に映えるオレンジ色は太陽か、熟れたアダンの実か。

幼い頃から今まで、隣にいる人が変わっても、海はあった。

干渉もせずにいつも無条件でそこにいた。

 

私の海に潮騒は無い。

思い出すと浮かぶのはいつも静止画だ。

海で何をしたかというより、あの時の私がいた場所が海だった。

海は一緒にいた。

 

【森田恵美子】
もりた えみこ。那覇生まれ。東京都在住。
2011年~2014年、ロンドン在住時に琉球新報海外通信員。
2014年より、詩人高木敏光に師事し短歌詩歌の制作に取り組む。
2016年 歌集『音痴』
2016年 短歌と写真のコラボレーション写真集『ずれ』。
2017年 歌集『愚行』

森田恵美子

関連記事

関連リンク

ページ上部へ戻る