【2018/6/8放送】#02 うみんちゅワーフ 海と街の融合・共存

2018-6-16
海と日本PROJECT in 沖縄県 ~海DO宝~

海と日本プロジェクトin沖縄 海DO宝(うみどぅたから)

第2回目も私、末吉功治がお送りいたします!

今回は北谷町フィッシャリーナにある北谷町海業振興センター『うみんちゅワーフ』に行ってきましたよ〜!

海業と産業の融合をテーマに、マリンアクティビティの総合窓口としての役割を担い

マリンレジャー船の収容施設をはじめ、地元でとれた新鮮な魚介類が購入できるお店や

その場で味わえる飲食スペースもあるんですよー♪大きなミーバイや貝もあって美味しそう!

うみんちゅワーフ周辺には、美浜のランドマークである観覧車やアメリカンビレッジ、

ヒルトン沖縄北谷リゾートなどが集まり一大マリンリゾートといっても過言はありません!

さらに、船舶免許の学科と実技の講習も施設で受けることができるのです!

まさに海と街が融合した北谷町ならではの施設ですね。館長の池田雅信さんに施設を案内してもらいました。

 

また、隣接するエリアで去年の11月に誕生したばかりのマリンアクティビティエリア

海の公園『シーパーク北谷』で思いっきり遊んできました!

ぼくは海の上のアスレチックや、珍しい透明なカヤックなど数あるメニューの中から

「ホビーミラージュエクリプス」を楽しむことにしました。

一風変わった乗り物ですが、一言で例えるなら…ハンドルの付いた、足漕ぎSUPボード?

階段上り下りのようにボードを漕ぐのですが、バランスを取るのにちょと苦戦…。

しかしすぐに慣れることができるので、スピードを上げてどこまでも漕ぎたくなります!

でもお気をつけ下さい。調子に乗ると、翌日筋肉痛待ったなしです…。

 

さらにさらに、船の操縦体験も出来ちゃうんです!!

なかなか体験できないことですし、沖を高速で駆け抜ける感覚は最高です!

操縦体験をして、船舶免許を取りにきたお客様や、リピーターも多いようですよ♪

珍しいアクティビティを体験して、海の新しい楽しみ方を知ることができた気がします。

 

思う存分楽しんだ後、(株)セブンスピリッツ マリン事業の川崎純一郎さんにお話をうかがいました。

マリンアクティビティは楽しい反面、危険と隣り合わせなので安全確保が重要とのこと。

対策として、3者(北谷町、漁協、ダイビング協力会)が協力してダイビングエリアと

漁業エリアを分けて責任箇所を明確にしてより安全に海を利用できるようにしているそうです。

また、海のクリーンアッププロジェクトにも取り組んでおり、ゴミ拾いなどもおこなっているそうです。

海で働く人も、遊ぶ人も安心して楽しく利用できる環境を引き続き作っていきたいとのことでした。

海を汚さない意識をほんの少し持つだけで、そういった環境を維持することができます!

 

楽しくきれいで安全な海を、みんなで守って行きましょう!

北谷町に立ち寄った際はぜひうみんちゅワーフにお立ち寄りください!!

取材の様子

  1. 池田館長に施設の魅力をじっくり質問
  2. 笑顔の絶えない川崎さん
  3. ウキウキでボート乗り場へ

動画はコチラ

関連リンク

ページ上部へ戻る