【6/9放送】#03 父の日に海鮮おつまみはいかが

海と日本PROJECT in 沖縄県 ~海DO宝~

沖縄県産の貴重な海鮮おつまみ「スクガラス」をご紹介!
スクガラスとは、アイゴの稚魚の塩辛のことで、スク(アイゴの稚魚)、カラス(塩漬け)という意味。
旧暦の6月と7月、大潮の日の前後 数日間だけサンゴ礁の浅瀬にやってくるスクを、網で追い込んで捕獲。
塩漬けにして、3ヶ月以上 熟成・発酵させた沖縄伝統の珍味。
豆腐に乗せて頂くのが一般的で、昔から親父のおつまみとして親しまれてきた。
小骨があるので、ノドに刺さらないよう頭の方向から頂くのがポイント!
合わせるお酒は、瑞穂酒造の泡盛「珊瑚の森」がおススメでキャラメルのような甘い香りと深い味わいがスクガラスとの相性ピッタリ!

イベントの様子

  1. スク(アイゴの稚魚)
  2. 食品加工風景

ページ上部へ戻る